千尋は嫉妬深い

作者名:ハッシー

 僕の彼女、千尋は嫉妬深い。
 千尋が何かいうと、それをあの馬鹿(僕)が、小説に書いてくるとかいう。