君は友達?それとも先輩?いやいや将来の夫婦しょ?w

2021/12/24 23:44:24

次の日になると琴音は、昨日のことを学級の1つ上の男子悠(ゆう)に話した。この人とは何故か話せる。
「琴音ちゃんかわいそうだなぁ先生に言わないの?」悠は琴音のことが好きで…いや女好きでいつも琴音のいじめの話を聞いていた。

「言わないよ絶対だって怖いから」琴音は力が入っていそうな声で言った。悠は、小1からいつも一緒だったからよく琴音のことがわかっていた。琴音にとっても悠はお兄ちゃん的存在であった。
でも琴音は悠は友達なのかがわからない。だって上の学年の人は先輩となるから。。
「そっか、、でも辛くなったら先生に言ってね。俺、琴音ちゃんのこと心配だから」女好きだから本音なのだろう。琴音は少し嬉しかった。

「俺ら友達だもんね~いやw将来の夫婦?ww」琴音はその悠の言葉にとても心に響いた。
「友達」という単語は琴音には珍しい単語だった。夫婦という単語はあっさり無視した琴音であったが悠にニコッという可愛らしい笑顔を見せて「うん」と言った。
ということは…琴音と悠は友達であり悠は琴音にとって1人目の友達となった。

だが悠に誤解させてしまった。「えーー!?俺ら夫婦になってもいいのーーーーー!?」
琴音はあまりにも大きな声で言われたので顔を真っ赤にして目を反らした