第三話

2021/05/09 09:09:54

3話

「ありがとうございました。」
「うわぁー部活終わった~!」
僕は一応美術部に入ってる。
「お疲れー!こはる!」
「お疲れー。眠いから早く帰ろー蒼」
と、その時だった。
「杉野先輩!!」
「はい?」
話しかけてきたのは部活の後輩の白樺(しらかば)くんだった。
「あの、今日一緒に帰りませんか?」
こてん。と首をかしげて聞いてくる、
かわいすぎだろ。本当に男か?
ちらっとこはるを見るとなぜかニヤニヤしながらこっちを見てた。
そして、こそっと小声で「行ってらっしゃい。」
と言ってきた。
「あー、いいよ!帰ろっか。」
すると。パァァと目を開いた
「ありがとうございます!」

「先生さよぅならー!」
「はい、さよならー」

この時僕は思いもしなかった、溺愛されるなんて。






作者のSouka こと蒼華です。
この度
【僕は恋のキューピッドらしい】を読んでくださりありがとうございます。
少し内容を代えさせていただきました。
ことを報告します。
すみません