第16 話

2021/12/07 05:16:16

「おい。」

ガタッと音を立て立ち上がりこちらへ来る

「何っ‥‥⁉」

睨み付ける
「あー!ほらほら三ツ境くん落ち着いて、ね?」
と生徒会長がなだめる。

「うるさい、陽咲。」
「おい。お前名前は?」

‥‥‥ん?

えぇ!!嫌なんどけど‼は!!ムカつく!何それ‼

「ゴホン、何でですか?教える必要ないと思います」

「お願い!教えて!」
と涙ながら生徒会長にいわれる

「杉野、杉野蒼。」


「なら、杉野。」

スタスタ、歩きながらこちらへ来る

怖いんだけど、やっぱ僕、

「何?」



          「 俺と付き合え。 」



は?

「え?は?何?意味わかんない、」

「てか。名前も知らないし」



「蒼ちゃん。この人は理事長の息子さんで君の先輩の、」


     「三ツ境黛君だよ。」

「理事長の息子?」

────────────
次の日


「で。蒼なんて言ったの?」

一人じゃ抱えきれずこはるに相談した

「ごめんなさぁい‼って言って逃げた。」

「バカなの?あんた。」
「は?なんで?」

「そんなの、また声かけされるよ。」
「だって、急だし、何て言えばいいか‥‥、」

「まあ、春に言っとくね。じゃあね」

は?なんで?春なの
陽葵じゃないの?

「どゆこと。」

────────────

放課後

「でさー、白樺くんがさー」
こはると帰っていると、

「おい!杉野!」

「は?!」 「何あのイケメン。」



「帰るぞ、」


はー?!何それ‼



やっぱり、こいつ嫌い!

───────────────────────────

どうも。作者です
投稿遅くなりました、ごめんなさい‼
これから受験で忙しくなりますので、投稿が🐢になりますがよろしくお願いいたします。

あと、12月20日は作者の誕生日です。
ぜひ祝え下さい。

ワクチン一回目打ったよ☆
腕痛くなってきた、つらいです。ぴえん


‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥

►►►next

「蒼。」
「蒼先輩」

蒼にモテ期が!
一体どうする!
そして、

「こはる。好きだ!」

こはると健斗の恋が‥‥♡

さらに!

「杉野さん。ですね、」
「陽葵知りませんか?」

陽葵にも恋の予感が!

次回【それぞれの恋の予感】

第17話お楽しみに‼