超絶プリキュア少女

作者名:橋本

 私、深沢葉瑠、中学二年生は中学生にもなってプリキュア大好き。夢はプリキュアになること。
 進路の授業でそれを言ったら、みんな大爆笑。
 それでもがんばる、葉瑠ちゃんだった。