南雲7 平成から令和へ

前ページ
次ページ
1南雲@お人好し
2019-04-30 07:55:26
ID:PBfamily

令和初日に新スレを作るつもりでしたが、やっぱり平成最終日にしました。
昭和、平成、そして令和と、人生3つ目の元号に突入する南雲です。

【南雲の作品集】
『翔斗ストーリー』(自作ノベルゲーム)
http://sts.pages.wox.cc/
『あなたを幸せにするのですっ!』
http://rakuen.jeison.biz/novel/read/?176
『三国志(小説板Ver.)』
http://rakuen.jeison.biz/novel/read/?13

◎【なぐものCHOTひとやすみ】メニュー
 チャット、個室掲示板(鍵付き作成可)、南雲のブログ、南雲へのメールなどへのリンクです

http://nagumo.pages.wox.cc/contents.html

◎なぐものCHOTお話しブログ
 上記CHOTシリーズの1つで2018年10月新規作成

http://chot.blog.jp/

※キャスフィ避難所雑談板の南雲のスレ
http://jeison.biz/casphy/bbs/read.php?cate=talk&mode=thread&no=1703(2019.1.3終了)
http://jeison.biz/casphy/bbs/read.php?cate=talk&mode=thread&no=9613

平成から令和へ(ごあいさつ)
https://nagumo.pages.wox.cc/reiwa.html


[編集]
425びーびー@イケメン
2020-06-02 16:24:56
ID:bbbbbbbb

わりと昔から思うんだけど、政治のはなしを真面目にするのってどういうモチベから来てるの?

426びーびー@イケメン
2020-06-02 17:03:41
ID:bbbbbbbb

「国のあり方について意見することでより正しい国になっていく」みたいな民主主義の倫理のスタンスがよくわからなくなってきた

抽象的なたとえとして、100人が100通りに異なる「正しさ」の定義から具体的な政策を提言したあと、もっとも多かった声が自己現実化していくのって、
例えば、投資家の「この企業が正しい」って声の集積が企業の実態に先立って未来の株価を決定づけるのと同じで、ただ予言の自己成就がなされただけというか
「客観的な正しさを根拠に実現した」んじゃなくて、「声の数の多さを根拠に実現した」だけなんじゃないかって感じがする

政治への言論によって政治体制がよりよくなっているんじゃなくて、ただ価値的にはフラットなまま質的内容が変化しているだけで、その都度体制に対する不平を言う人が生まれるだけなんじゃないかと思う
わいが選挙のたびにどこにも投票しないのは虚無主義者だからやなくてただめんどいからやけどな!

427びーびー@イケメン
2020-06-02 17:13:21
ID:bbbbbbbb

あと個人的に、国が為政に失敗したとしても、その「失敗した国家」の中で頑張ってみたいっていうサイバーパンク的なSF願望があるw

428ななしさん
2020-06-02 18:04:49
ID:NDdiYWZk

理想論言うの楽しいじゃーん

429ななしさん
2020-06-02 18:05:36
ID:NDdiYWZk

(共感を強要する意図は)ないです。おふざけ。

430南雲@お人好し
2020-06-02 19:07:56
ID:PBfamily

はっきりした目的を持って発言してるわけじゃないよ。
私がここで何を言ったって現実の政治が変わるわけじゃないし。

ただ興味があって論じたいからやってるという、趣味みたいなもんかな。
たまに本気で日本の行く末を心配して「言わずにいられない」こともあるけど、それだって私が言っても現実を変えることはできないんだよなー。
それでも、政治がどうなるかっていうのは、自分の将来がどうなるかだから、自己主張もしたくなる。

431Jeison@らくえん
2020-06-03 13:55:50
ID:jeison_biz

>>426
>「国のあり方について意見することでより正しい国になっていく」

そもそもこんなスタンスの人っているんか・・
この考え方ってかなり民主主義に幻想を抱いてる気がする


民主主義の原理は多数派への優遇だから、そこに客観的な正誤判断は入らないと思う
だから、当然少数派の意見は矮小化されるわけで、不平を言う人は0にはならんよ
そこは妥協するしかないってのが民主主義だと思う
民主主義って政策の正しさとかあまりどうでもよくて、政策決定のための根拠に多数であるというのを理由付けしているに過ぎないんだよね
ただそうなると多数派によって少数派が抑圧され過ぎる可能性があるから、そうならないために人権という概念が存在しているという構造。

民主政治に国を大きく変える力なんてないと思うよ
そもそも改革とか革命って少数派から生じるものだから、多数派論理の民主主義で大改革なんて実現できるはずがないんだよね
民主主義は国をより正しい方向に導くというより、大きな失敗をしないことに存在意義があると思う
つまり民主主義は政治的安定性を担保する装置とも言える

純粋な政治で言えば民主主義なんて所詮はそれだけなんだけど、副次的効果が大きいから多くの先進国は採用しているのだと思う
個人的に民主主義の最大の利点は自由主義と親和性が高いことだと思う
社会を変える力は政治や国家よりも技術力や民間のほうが大きいから、彼らが自由に活動できる環境を用意できるかって大事だと思うんすよ

その上でじゃあなんで政治への言論するのかって言われたら、単なる自己主張では?
こうなったらもっと良くなるのになあって無責任に言うだけ、そこに社会を変えたろうなんてモチベは最初からない(そもそも民主制では変わらない)
ただ、自分が少数派だと自覚しているなら意識しとかないと損しちゃう
損しないような生き方をする上で政治の知識をある程度頭に入れておくのは大事かなあ

432Jeison@らくえん
2020-06-03 14:01:38
ID:jeison_biz

残念ながら民主主義では失敗国家はめったに誕生しないと思いますん

極論だけど投票率が0%になっても多分うまく回る

433南雲@お人好し
2020-06-03 19:41:56
ID:PBfamily

日本の政治について語るとき、日本の国益というか、国民の最大公約数の利益を実現する方法はこれだろうっていう自分なりの考えを語ってる。
もちろん、あっち利益はこっちの損失ってことも多くて、最大公約数というのが難しいわけだけど、極端な話をすれば日本がもう一回高度成長するとか、逆に外国に占領されるとかのように、国民のほぼ全体にとって利益になったり損失になったりすることもある。

国民全体の利益を最大にしつつ、その利益の分配においてバランスの取れた状態を目指して、自分の考えるその方法を主張するわけだけど、私がここで何を言っても現実への影響力はゼロに等しい。逆にもしも影響力があったら軽はずみなこと言えんよね。無責任だから言えることも多い。

けど、まあ願望としては、こうすれば日本が良くなるとか悪くならないとかいう話を理屈で主張することによって、少しでも賛同してくれる人が増えたらなって気持ちがある。これを読む人数なんてすごく少ないし読んでも反対の人も多いから現実そうはいかないんだけど、願望としては、ね。

ちょっと話がずれるけど、最近見てるとTwitterで政治がらみのハッシュタグつけてるの多いじゃん。私はあれにすごく危機感を抱いてる。言論の自由だから政策批判するのはいいんだけど、理屈抜きに煽動されてるというか、ストレスの捌け口になってるように見える。集団心理で、政策潰しがブームになってるようで怖い。ある政策に賛成の人は声を上げる必要がなくて、声を上げるのは反対の人たちが中心になるだろうけど、それに現実の政治が動かされてきてるんだよね。実際その声が多数派かどうか分からないのに。
ノイジーなマイノリティが政治を動かすのは、多数決原理の民主主義を逸脱してる。

それが自然発生してるならまだ仕方ないけど、集団心理を煽る仕掛け人がいると考えると怖いし、その仕掛け人が外国の勢力だったりすると非常に恐ろしくなる。

今、コロナ自粛とか経済問題とかですごく高ストレスになって、攻撃的になってる人が多い。民間人を攻撃したら倫理的な問題が起きるけど、政策批判はやめろという訳にはいかないから、自由に攻撃できる。そこなんだよね。外国の勢力が、日本を弱体化させる目的をもって、煽動している…かもしれない。
「かもしれない」って憶測に過ぎないけど、もしも相手がそれを全くやってなければ相手のほうが無能だよ。外国で世論工作をするなんて当然の政略なんだから、やってない国があったらそのほうがおかしい。お互いにやってるはずなんだよ。ただ、今の日本人は…ってかアメリカ人もそうなんだろうけど、めちゃくちゃ乗せられやすくなってる。

今、私が一番心配してるのはそこで、理性的な批判ならいいんだけど理性のないバッシングが増えてる。だから理性的に政策を論じたいんだよね。私が論じても何も変わらんけど。

434びーびー@イケメン
2020-06-04 00:41:44
ID:bbbbbbbb

じぇーそんの「民主政自体は社会の最良化ではなく安定化のためにある」って考え方、分かりやすくてすき
民主主義ってもっと群知能的な、「最も多い主張が最も正しい(合理的な)結論を導きやすい」みたいなロジックで支持されてるのかなと思ってた

435びーびー@イケメン
2020-06-04 00:59:33
ID:bbbbbbbb

投票率が0%になってもうまく回るってなんでw
国民が一斉に政治に興味失くしても民主主義はなくならないん?

436Jeison@らくえん
2020-06-04 09:04:36
ID:jeison_biz

>>434
後者のロジックはすごく危険だとすら思う

というのも政府が間違った結論を導き出したときに、それは民主主義ではないって容易に否定できてしまうから
そして民主的ではない体制は打倒しないといけないという革命思想の擁護につながる

>>435
得票数が同じ場合はくじによって決まるから、理論上は投票率が0%でも選挙結果は確定する
だから政治家はちゃんと決まるし、官僚は当然選挙とは異なるロジックで決定されているからもちろん投票率が0%でも官僚機構は動く

政治家と官僚がいれば政治は動いていくわけだから、正しい政治になるかは置いといて、歯車自体は止まらんと思うよ

wikipediaに過去の最低投票率の記録があるんだけど、びっくりするんだけど投票率が20%代とか10%代の選挙も普通にあるんすよ
この時点ですでに本質的に多数派の代弁になってるか微妙
でも政治は問題なくちゃんと動いてるわけっす
大事なのは、投票率でも国民の政治的関心でも政策の正しさでもなく、選挙というプロセスで政治家を決定した、ということやね
このプロセスを実行する限り民主主義はなくならないし、逆を言えばこのプロセスが失われたときこそ民主主義が滅びるときでもあると思う

437びーびー@イケメン
2020-06-05 01:28:30
ID:bbbbbbbb

政治を感情論やべき論でなくて、完全にそういうシステムと割り切ってるのね
人間の設計した制度が最終的に人間を疎外して成り立つ感じ、いかにもディストピアSFっぽくてエモいな

438南雲@お人好し
2020-06-05 02:20:48
ID:PBfamily

民主主義について考えるとき必ず思い浮かぶのが、民主主義がヒトラーを生んだ件。
民主主義が必然的に孕むリスクとはいえ、なんとも皮肉な。

439Jeison@らくえん
2020-06-05 10:27:28
ID:jeison_biz

>>437
実際には投票行動に感情が寄与するから切り離されてはいないけど、システムとしては全然動けてしまうよねっていう
所詮はただの制度に過ぎないのだから民主主義を神格化するのは微妙だと思ってしまう

440Jeison@らくえん
2020-06-05 10:31:33
ID:jeison_biz

>>438
ヒトラーの失敗は民主的プロセスを破壊してしまったことやね

だから結果的に破滅の道を歩むことになってしまった

441南雲@お人好し
2020-06-05 19:38:04
ID:PBfamily

>>440
ヒトラーが民主主義を破壊したのはもちろんだけど、有権者自身が民主主義を放棄した面もあると思う。
権力者がより大きな権力、絶対権力を望むことはごく自然だと思うけど、熱狂的に支持する有権者がそれに乗せられて民主主義を「返上」してしまったところが皮肉だなあと。

442Jeison@らくえん
2020-06-05 23:28:26
ID:jeison_biz

人間とはそんなものなのです

今のアメリカとかもうねって感じ

443三日月◆JapanvvSQQ
2020-06-06 19:51:28
ID:NGViNjg0

老人の体(民主主義)が、風邪(不況)殺すために体温(政府の権限)上げたら、死んだみたいな。

444三日月◆JapanvvSQQ
2020-06-06 19:55:10
ID:NGViNjg0

人間が賢くなろうとしなければ、「人間は愚か」という課題は生まれない。

前ページ
次ページ
名前:

メール欄:

内容:

File: