ボクには君が「太陽」だと思えてしまうんだ。

作者名:柚鈴

ボクと、君が仲良くなったのは、何でもない…ある日。