帝町の怪奇譚

作者名:噺 煽麿

新米小説家、吉良義久は話のネタが思い付かず仕送りに
頼る日々だった。が、或る日インターネット掲示板で怪奇村と
称される"帝町"の存在を知った。
帝町には人や妖怪や吸血鬼までも住んでいるというウワサがある。
吉良義久はこれしかない!とこのウワサに飛び付き
"小説家ドリーム"を夢に見て、羽ペン片手に怪奇の
大海原へと繰り出したのであった......。