びーびーすれ

前ページ
次ページ
1びーびー@イケメン
2016-07-05 20:57:49
ID:ZDQ4Mzdk

個人スレッド一番搾り


  ●ベンゾと私
    http://rakuen.jeison.biz/novel/read/?368

  ●駄曲
    http://piapro.jp/my_page/?view=content&pid=beebee


[編集]
941びーびー@イケメン
2019-01-12 21:17:14
ID:bbbbbbbb

らくえんの書き込みからマルコフ連鎖のdb作ってチャットボットにしようとしたけど
改行を句点と見なすか読点と見なすか微妙なラインや

942びーびー@イケメン
2019-01-12 21:39:30
ID:bbbbbbbb

radいい……詞の締め方が抜群にいい……
https://www.youtube.com/watch?v=eKXz9H6-Hao

943びーびー@イケメン
2019-01-12 21:49:34
ID:bbbbbbbb

語尾「なくちゃ」でなく「ないと」にしたのがすごいとおもう
ちょっと冷めたニュアンスがしっくりきた

944びーびー@イケメン
2019-01-12 22:07:00
ID:bbbbbbbb

夜にひっかけたダジャレちゃうぞ

945びーびー@イケメン
2019-01-12 22:14:40
ID:bbbbbbbb

青空文庫のテキストファイル
ルビが絶対的に邪魔

946びーびー@イケメン
2019-01-12 22:51:24
ID:bbbbbbbb

db|作っ|て
う|と|し
え|ん|の
か|読点|と
か|微妙|な
から|マルコフ|連鎖
し|た|けど
しよ|う|と
た|けど|\n
て|チャットボット|に
と|し|た
と|見なす|か
と|見なす|か
な|ライン|や
に|しよ|う
の|書き込み|から
の|db|作っ
らく|え|ん
を|句点|と
ん|の|書き込み
チャットボット|に|しよ
マルコフ|連鎖|の
ライン|や|\n
作っ|て|チャットボット
句点|と|見なす
微妙|な|ライン
改行|を|句点
書き込み|から|マルコフ
見なす|か|読点
見なす|か|微妙
読点|と|見なす
連鎖|の|db

947びーびー@イケメン
2019-01-12 23:33:17
ID:bbbbbbbb

ド三流コードだけどここに載せてく
https://github.com/Suguru135/kson

948びーびー@イケメン
2019-01-14 14:08:28
ID:bbbbbbbb

再帰便利すぎる

949びーびー@イケメン
2019-01-14 14:13:52
ID:bbbbbbbb

目についた長文食わして会話するとこんな感じ

b:努力って何?
k:努力するの幸せだから、死ぬ時になって人生カラッポに見えるだろうなぁ。そんな聖人のような生き方ができるほど私は偉くない。 神様だと思う。そのために見えるだろうな生き方があって生きること。全力出し尽くすのは必要だよね。そんな聖人のも辛い。そんな時は間違った」とも思う。

950びーびー@イケメン
2019-01-14 14:14:33
ID:bbbbbbbb

らくえんの書き込み全部食わしたいw

951びーびー@イケメン
2019-01-14 14:16:33
ID:bbbbbbbb

当たり前だけど毎回出力が違う
b:努力って何?
k:努力するのようなって思うんだかに別条無いかも分からない人生カラッポに見えるだろうなって何かと言われると言われると、満足 できないこともあるし、しばらく脈が止まったりするんだから、なくてない。けど、最大のも辛い。そんな時は楽しいけど、その「幸せ」って思うけど、しばらく脈があってないからゆっくり生きたい。そのためにはないとは言われてる。

952びーびー@イケメン
2019-01-14 14:43:00
ID:bbbbbbbb

これ、プログラムの自動生成とかもできそうやな

953びーびー@イケメン
2019-01-14 14:52:25
ID:bbbbbbbb

k:面倒に見下すと見える。あるは音楽と彫刻である。画として観て面白い。面白いだけでもなければならぬ。画中の人物と違って、ただ声がした。せっせと忙しく、絶間なく鳴いてるかと思う。こう思って、今の詩を思い出して、上る雲雀はあすこへ出る事が積もれば流される。意地を通せば窮屈だ。百万本の女も結構だろう。余は巨人の足を忘却して苦しんだり、あの雲雀が十文字に擦れ違うときに穿っていたたまれないようとも見立てがつく。どうせ非人情を奪われたものだ。ただこの旅中に起る出来事と、路を行くと云わんよりもなお住みにくかろう。ファウストよりも、人間は大変だとか、人の事だろう。南山や淵明、王維や「金色夜叉」、第3水準1-90-22)なきもうつくしかろ、銭の詩をどれほど苦しみも苦労性でもなければならぬ世から、覚えているところは二十世紀に睡眠が必要なら ばこそ芝居を見てもこの境を解脱するのを見るものも、ただうれしくている所にはどれほどで切れない雲を吹き払うとき、かく清浄界に立てば、住みよくせんで竹藪の中をあちらこちらとは違うだろうとするからである。片づけよう。それを仕通して、按摩なら真逆様に落つるところは二十年にして明暗は表裏のごとく、日のあたる所には瞬時の余裕のある。

954びーびー@イケメン
2019-01-14 14:58:17
ID:bbbbbbbb

b:おんみ
k:おんみ
b:おんみ
k:おんみ
b:おんみ
k:おんみ
b:
k:
b:地獄
k:地獄の白百合
b:地獄
k:地獄の白百合
b:肉体
k:肉体は腐りはじめたのだその瞳
b:接吻
k:接吻を真実のためにやさしくひらいた肉体を忘れねばならぬ

b:を
k:を蛆虫は立派でいる

955びーびー@イケメン
2019-01-14 15:02:51
ID:bbbbbbbb

気に入ったので

File:無題

956びーびー@イケメン
2019-01-14 16:05:36
ID:bbbbbbbb

b:。
k:。女が、白眼視しているなかを曲るところでした。

b:。
k:。………」「ええ、こんなことをしているのあなたが一つ、森さんが、清さんが女に握られて、判ったの河堀とも一緒に記念の財布のなか、名も知られぬ嘆声をつくれよ」といいます。終りッ」と、食堂に行きましたものだと、映画は田舎の坂本さんの凄まじさ、おくれてきました。ぼくはまた、どうでもあった。ちょうど手摺が好きだったの色は語を見ないかなアにもとめず、空しい興奮といぶかしく、家まで逃げて、協会から、窓から、殆ど飯も、やっぱり合宿かとも自棄だったぼくは恋愛らしい、残った。それでなく一緒に棄てました。すると笑い交していた、空のは、さっきの言葉は冷たい風な五七)と称する、朝、老いた母の声がしたが済んでくよくよする気持にちんまりと頼んだという。日頃の行状を知っています。すると強く言い続けておもわれたには違いありません。ぼくは、そのラッカア塗りの船腹が、日に稚拙な恰好でなく、つまらない、昼食からは、すばらしい好調でしたことか、ぼくがツウリスト・ケビンの間、沈黙が続いた後の享楽を妄想している、ぼく達も、皆、二三百本以上は田舎の冷酒になれるかと、鋭い舳手の実を知って、無理に起しかけてから一箇年、想っては、こんなに盛大に見送って頂くことにボオッと呼ばれた。ぼくもいかん。しかし、こうやって、「こんなにし、かるく手拍子を見に輝く太平洋は、ぼくを歩いてはあなたと、「馬鹿、それが如何にも、女性を穢す、許されない言うていたが、ブレザァコオトを押え、口を止めるの浴衣に光り輝く、恥かしくなって、監督に廻っていました。

b:。
k:。が、我慢できませんでした。

b:。
k:。ぼくにとっては肉体的の練習で、とんで行きました風を抛りました。あなたの最中、皆一等船客専用のAデッキをなみなみと注いで、大坂と思う。場所が、娘さんといった感じに、全員の自己紹介が唾を届けには、話してから水溜りでもいる噂がたつのに、大笑い、天地も、犬みたいな、ろくろく話も、無邪気に腰をするぞオ」と留める母を、船員にみました頃、みんな、大いに、暖かい碧い空と、下は炎熱で、ぼくを睨みつけます。その癖でした癖に、お終います。氏はパンツ一人の蔭でありながら、一々無態で、悲しい事なら、先夜、純粋な、運転手に乗りました。ぼくは、食べているのか」としたらコオチャアやわ」松山さんが、つまらない、見つけられたという顔に、あれで、ふっと瞼なの恥だ笑いに、あなた達は何しろ気がしやがって」と真したときには、あなた達四人に取られたようでいれば、彼は自信ありげて聞いては、六尺、口惜しさで、はらはらし、それがウインクの真似をしたら、吊鐶で押えたまま、蒲団を全部、このことだ気が明滅し、ただ甲板を食べはじめました。ぼくは大急ぎで、大人並の遊びに行こう」と、たしか飯には村川を残してもみました。それがウインクてん。ずっと東京です。

b:

957びーびー@イケメン
2019-01-14 20:56:50
ID:bbbbbbbb

名詞に反応するようにしたけど
「最近あった悲しいことを教えて?」とか入力しても
「悲しい」より「最近」「こと」の項目が多いからすげー変な答えになる

958びーびー@イケメン
2019-01-14 21:23:38
ID:bbbbbbbb

b:人について
k:人の仕事は、それはこの時頃、なんでしょうか、それともゴーゴリの額にはいってから一むれの小鳥が一こと言います。日本は、隣りに、社会思想の男は、はたち前まで来たひとがあると町へ出ましたが、八分まえに帰還したならん事さえあり、こんな片田舎のか、苦悶のです。読みかえさず、名案があからむの背ならべなのに、ばかばかしい。腹がへった。あなた、幽かに致しました。しかもこれだ、そうしています。謙譲のうちにおわびを執ってしまうので、伯父の局長は酒飲みですから這い上って、ほっと溜息をついてそれからが起らず、自由党、進歩党は枕元のだそうなる。別に叱られました。それに土蔵まで焼け落ちたようですが感ぜられて、ぎょっとし、奮い立とうと遠くから五時も、やっぱり一条のすぐうしろに勤めました。虚無などを見ているので郵便局へ出ましたのですが、平気でも、六歩はなれて私は、オネーギンの皺も、ひとたちが、日目くらいに、どう仕様がありませんが、やっぱり有るかも知れません。花江さんに秘密よ、あたし、あなたに手紙を差上げる、その政治運動というようで、まるで阿呆みたいに勤める事になる。俺に関係した。

959ナチュラル
2019-01-14 21:47:55
ID:YzkwMDFm

この一連のレス読んでると怖くて眠れなくなるわ。

960雪乃
2019-01-20 12:15:14
ID:Zjc0ZTk3

>>959 笑う

前ページ
次ページ
名前:

メール欄:

内容:

File: